ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.03.15 Sunday

baby lock 2THREAD BL2-238 ジューキ ベビーロック2本糸 BL2-238のメス交換



使っているとすぐに布を巻き込んでしまうとのことで
ベビーロックのBL2-238をお預かりしました。


検証してみると巻き込みの原因はメスの切れが悪いためで
不完全な断布のためにメスカバーの中に
巻き込んでしまっているようです。
編摩耗している上下のメス交換の必要がありそうです。


ツー スレッド… 二本糸ですね。



針板の下で、下メスを外した状態のなのですが、

積層糸屑フェルトとでも呼びましょうか…

かなりキレイですよね〜


チョッと外してみましょう。

ピンセットでしっかりと摘める程の量です。


本体から外した下メスですが、
磨耗が著しく、同様な上メスと共に
交換の必要があります。

巻き込み易い場合や
布の断裁面がキレイではないロックミシンは
メスを交換する必要があるかもしれませんので
お気軽にご相談ください。






北九州でロックミシンを修理するなら

2015.03.09 Monday

baby lock BL34 ジューキ ベビーロック衣縫人 BL34のモーターカーボン、ベルト交換



使っていると突然止まり、

そのまま動かなくなったとのことで

ベビーロックのBL34をお預かりしました。




なるほど、コントローラ―を踏み込んでも
ウンともスンとも言いません。

確認用に使している社内のコントローラーに変えて試してみても

動かないので、電気系かモーターが原因のようです。

さて、分解してみましょうか。


ベルトの劣化もかなり進んでいるので
後ほど組み上げるときは
新品のものに交換しましょう。


結構な量のカーボンの粉です。
指で触ると真っ黒になる程なので
どうもカーボンが怪しいようですね。
 

モーターのカプラーを外して、

試し用のモーターに交換してみるとやはり動きます。

モーターに原因があるようですね。
キャップを外してカーボンを確かめてみましょう。

カーボンがギリギリの状態です。
これ以上、磨耗すると銅のスプリングコイルまで削ってしまい
回転子の接触面に傷が入るので後々大変なことになります。


モーターカーボンを交換して新品のベルトで組んだところです。


布ホコリや糸クズなどを取り除いてから注油します。
ダイヤルやレバーなど、各部の動きをチェックして
モーターの滑り出しの音やルーパーの摩擦音なども
参考に動きを見ていきます。


ということで特に問題は無さそうなので組み上げて、
再度ルーパーの調整をし、縫いを確認して完了です。


ミシンの糸案内カバーの上に貼っている

黒猫がおどけた姿のエンボスシールが

チョッと笑えました。




北九州でベビーロックを買うなら

2015.02.24 Tuesday

JANOME 3/2THREAD 883-JL ジャノメ ロックミシン 883-JL って… ご存知の方いますか?




珍品でしょ… このロックミシン。 


ジャノメブランドとなっていますが、

(株)ジューキ社つまりbaby lockブランドの
衣縫人三本糸シリーズとまったく同じですよね〜。


某学校の家庭科室の片隅でホコリをかぶっていたのを

目敏く見付けてしまいました。
 

うーん、僥倖!


素晴らしい!! って、感じですね〜
 

厳かにかつ、そして敬いつつ、マジマジと観察を…

あまり流通していなかったモデルのようで

正直、これまでお目に掛かったことがありません。


裏面のタグシールを見ると

販売元はジャノメですが製造元は鈴木製作所となっています。

現在は(株)ジューキが一部のPBブランド以外を除き

baby lockブランドでのみ販売している製品となりますが、

まだ、販売代理契約をする前のOEMモデルでしょうか…。

もしかしたらスクール専用の

セールス機種だったのかも…

当時、ジャノメの社員で中学校以上
(小・中校ではロックミシンを使わないためです。)を
回っていた営業担当部署しか知らないことかも…

夢というか… 妄想が膨らみます。

古き、良き、不思議が多い
大らかな時代背景が感じられますね。



 

 

北九州でベビーロックを修理をするなら
2015.02.14 Saturday

baby lock BL34 ジューキ ベビーロック衣縫人 BL34のオーバーホール



巷はバレンタインデーでしょうか。
オジさんにはあまり関係のないイベントですね〜
少なくとも私には…

ということで、
ベビーロックの3本糸 BL34
修理でお預かりしました。

コントローラ―を踏み込んでも出足でウ〜ッと唸って

止まってしまい手でプーリーを少し回してやらないと

上手く動かなくなった… とのことです。


 

送りカムとは発現した症状が逆なので

オイル切れか、グリスの劣化による

潤滑性の低下でしょうか。

気温が下がる冬に多く見られる症状と言えます。


断糸が可動部に入り込んだ可能性も捨てきれませんが、

とにかく古いオイルとグリスを全て洗い流して

新たに注油及びグリスアップすることにしました。


外装を外すのでピカピカにクリーニングして

最後の仕上げとしましょう。


パネル類を外して機械部を点検しながら

可動部の古い油分を溶剤で全て溶かして流し落とし、

軽く注油して試しで回してみると…

動きました!

やはり酸化した粘度の高い油分が
原因だったようですね。

ん?…

何か… 振動が激しいような…

まだどこか固着しているようですね〜

ということで送り歯に連動している

カムの動きが何かヘンです。

固着しているようなので解除して

少し回してしてみると振動も治まり

ほぼ正常にもどりました。


もう少し馴染ませるために回してみると

回転時の遠心力でカムから飛んだ余分なオイルが

フレーム内部と底板に飛んでいるのが見えます。
 

ということで特に問題は無さそうなので

組み上げて、再度ルーパーの調整をして

縫い確認をすれば完了です。



 

北九州でベビーロックを修理をするなら
2014.12.26 Friday

baby lock 糸取物語BL24 ジューキ ベビーロック糸取物語BL24の針抱き固定とオーバーホール




“ロックミシンが縫えなくなってしまいました。

購入してから一度も手入れしていないので

点検も含めて修理をお願いします”とのことで

糸取物語BL24をお預かりしました。
 


 

動かすと“ガタゴト”と音が鳴って

今にも壊れそうとのことなので

プーリーを手で回しながら、

ルーパーのガタツキなどを調べていると…

やはり、針抱きの固定シャフトが抜けていました。
 

また、針抱きのシャフトです 

最近、よく持ち込まれる症状です。



さて、欠落したシャフトを探しましょう。
底板を外してみると… この状態です。
 

固定シャフトは底板に溜まった切りクズの中に

埋もれるように落ちていました。


シャフトをロックするための

スタットボルトを締めるために外装を外すと

静電気のためにカーボンが付着して内部はこの状態です。

クリーニングする甲斐がありそうですね。


フレームがムキ出しの状態です。

これからクリーニングと内部点検を始めます。


珍しく自動糸調子器のシャフトに糸が巻いていました。

除去と合わせてクリーニングしましょう。


シャフトを入れて固定すれば完了です。


上下軸とベッド下、メス部分や糸調子器などの

清掃と注油が済んだので、余分なオイルを

キレイに拭きとって外装を組んでいきます。


銀ラメの糸があってので

チョッと巻きロックを試してみました。


鋭い切れ味とキレイな縫い目…

糸取物語BL24って、
かなりの業前でしょ〜。



 

北九州でベビーロックを修理をするなら
2014.12.11 Thursday

baby lock BL33 ジューキ 衣縫人 BL33の針止め固定とルーパーの調整




衣縫人BL33の針抱がグラグラして
スゴイ音がするとのことでお持ち込みいただきました。
目飛びすることもあったということなので
ルーパーの調整も合わせてお預かりすることに。
 

針抱き… 最近、ちょくちょく持ち込まれる症状です。
まぁ、使用頻度によるようですが…


高速で上下運動するわりに

小さなスタットボルト1本で止まっているので

緩む可能性が高い部分ではあるのですが…



この通り、シャフトが欠落しています。
もちろんガタガタと異音がして、
このままでは使えない状態です。
 


内部に落ちていました。
これが針抱きを固定しているシャフトです。

シャフトは外装を外さないと
増締めできない構造になっているので
糸調子部分も合わせてクリーニングしましょう。
ルーパーカバーが開かない旧タイプです。


シャフトの固定は完了です。
糸案内部分の外装は先に組んでおきましょう。



ルーパー調整をするまえに
念入りにクリーニングする必要があるようです。


さて、メス部分や下軸の清掃、注油も済んだので
後はルーパーの調整を残すのみとなりました。

余分なオイルが落ちたら
さっそく取り掛かるとしましょう。



 

北九州でロックミシンの修理をするなら
2014.11.23 Sunday

baby lock BL34 ジューキ 衣縫人 BL34の自動糸通しと針止めの調整

縫っていると突然 “ガチガチ”と音がし、

部品が飛んで行ったと思ったら

ミシンが止まり動かなくなって

しまったとのこと。


部品を探して付けてみたけど

グラグラして、また外れそうで

怖くて使えないとのことで

ベビーロックの衣縫人 BL-34をお預かりしました。


シャフトが飛び出ているのが

お解りでしょうか。

針抱を止めているシャフトを

固定するイモネジが緩んでシャフトが

飛んでしまったようです。

飛んだパーツを探し、

ご自身で付けられたようですが、

残念ながら外装を外さないと

この部分は増締めできない

仕組みになっています。

高速で上下運動する部分なので

イモネジが緩んで脱落してしまい

無くなっていることが多いので

とにかく確認してみましょう。


外装を外さないと

この部分は固定できないので

分解してみましょう。


糸道のカバーを外すと…

随分使われているようで

ホコリが沢山…

う〜ん

かなり美しくない状態ですね。


とにかくホコリと糸クズが多くて

徹底的なクリーニングの必要がありそうです。


自動糸通しの固定部分が緩んで

ユルユルになっています。

何となく触っていると… 外れてしまいました。

かなりガタガタですね。


とにかく針抱を固定して

自動糸通器を組み付けて

正常に機能するように調整ました。




他の可動部も怪しいので

クリーニングしつつ点検していきましたが

特に問題な箇所は無く点検後に

注油して完了としました。

これで大丈夫でしょう。



 
 

北九州でロックミシンの修理をするなら
2014.10.29 Wednesday

baby lock BL-766648 ジューキ ベビーロック 3本糸ロックミシンのカーボン交換



ベビーロック社製で3本糸の堅牢なロックミシンです。

突然、止まって動かなくなってしまったとのことで、
店にお持ち込み頂きました。



それほど汚れはないなぁ  と、思っていたのですが、
こまめにクリーニングしているとのことで
見た目より使用頻度が高いようです。

3 THREAD OVERLOCK MACHINEとあります。

3本糸(スレッド)のオーバーロックミシンとなりますね。


裏面を見ると…
BL-の表記の後がやたらと長いのですけど…

もしかして、商品コードと機体番号を兼ねているのかも。


逆回転式のYDKのモーターですが、タイミングベルト式になっており

出力が96wで、モーターの出力がやたらと大きいため
汎用品ではなく専用の別注品だったのかも知れませんネ。

余談ですが現行の家庭用ミシンは70w前後のモーターで、
90wクラスはポータブルの職業ミシンに搭載されているくらい高出力です。




モーターの尾部が収まる本体部分に
削れたカーボンの粉がかなり付着していますネ。


急停止の原因は、やはりカーボンの摩耗でした。

片方は完全に摩滅しており、圧着用の銅製スプリングコイルまで深く削れているので

回転子の接触面にキズが入っていなければ良いのですが…
一度でも回転子のカーボン接触面にキズが入ると、
おろし金で削るようにカーボンが減っていくのでカーボンの寿命が短くなってしまいます。
 

とは言え、カーボンを新品に交換すれば
元通りに動き始めるので、一旦は交換して摩耗度を見ながら
モーターを交換するかどうか検討してみましょう。



 
 

北九州でロックミシンの修理をするなら
2014.08.31 Sunday

baby lock BL65 ジューキ ベビーロック 糸取物語 BL65のオーバーホール



とある日…

ロックミシンの修理は自信がありますか? とのお電話でした


ベビーロックの4本糸のロックミシンで
部品に欠品があり、結構ひどい状態とのことです。

何やら試されているような電話の内容ですが、

某オークションで購入したとのこと。

「少し誇張して出品されたものを購入したしまった」とのことでした。


後で現物を見て思ったのですが、少し誇張と言っても

前面カバーが無い時点で問題があると思うのですが…

とりあえず必要なパーツの確認に2日間、メーカーに手配して到着までに2日、

オーバーホールに1週間、セットアップに2日は掛かりますよ〜 という

アバウトなスケジュールをお伝えしてみると、
その条件で良いのでお願いしますとのことなので

お引き受けすることに…

持ち込まれたロックミシンは、前面カバーが欠落しているため

機種の判別が微妙でしたが、

前面カバー閉め忘れ防止の安全装置が

内側に組み込まれていたのでBL65だと判明しました。

糸立ては折れていますが、色焼けやキズはともかくとして

一見するとイケてそうなBL65なのですが


よく見るとこの様な有様です。
 

ルーパーのカバーを開けてみると…


上下のルーパーは… サビサビです。
ルーパーのシャフトまでカサカサの状態で
パーツを外すのに手間取りそうです。

当然、プーリーは動きません…

特に上ルパーの腐食は最悪ですね。

エアスルーはステンレス管なので腐食は無いと思うのですが…

他の管と連結するときのクリアランス調整が厳しくなるので

交換するかどうか迷うところですね。


上下のメスはサビていますが、取り付けのネジは腐食していないので

交換時の取り外しは楽にできそうです。


自動の針糸通し部分も サビサビです。


とりあえず針糸通し部分を外してみることに。
上部のリンクから外す必要があるために結構、手間がかかります。

針糸通しの部分は意外にアバウトな作りなゆえに

非常に調整が難しい部分なのですが、

とりあえず針棒と一緒に外して研磨することにしました。


自動の針糸通しの左右切替パーツも腐食がかなり進行しています。


上ルーパーの惨状です。
ルーパーのみを単品で部品注文すると
糸カバーのパーツを組み込むときの難度が非常に高いので厄介な部分です。

 

あの手、この手でクリーニングしてみました。


針棒と自動の針糸通しの左右切替部の周辺のサビ落としと

パーツの入替えが完了しました。かなり美しくなりましたネ。


ルパー周辺のクリーニングと部品交換を済ませたときの感じです。

仮のセッティングで空縫いしてみましたが、

メカニカルノイズも軽く、滑りもかなりイケてる感じです。

さて、機関の目処がついたので外装部分を交換していきましょう。


メーカーに手配したパーツ類の一部です。

とにかく パソコンのテーブルまで、交換パーツが山積みです


 

あれれれ… 65のパーツが欠品だったのか、

困ったことにイマジンプロ用のゴールドラインの入った

糸道カバーが送られてきました。

仕方がないので外装を組み上げた後に
剥離剤を使用してデカルラインを剥がすことにしました。








ダイヤルやツマミ類も全て外して新品に交換します。


横面以外の外装を組み替えて、プーリーを外したところです。


もちろんプーリーも交換します。とにかく徹底的に

センターのネジ隠しのシールも新品で注文しています。


ベッドと底面以外の外装を新品で組み上げたところです。

あぁ… やっとキレイになりました。


縫い確認もこの通り、一発目でしたがイイ線いっています。


細かい話しですがエアスルーの
吸入穴のステッカーも新品に貼り替えています。
 

デカルラインを慎重に剥離して、
やっと65本来の姿にすることができました。


今回もかなりキレイになりました… 

というか、外装は全部新品のパーツを使用しましたが…


ここまで自社内修理できる店は、
時間的にも、技術的にも北九州周辺にはないでしょう。



 
 

北九州でロックミシンの修理をするなら
2014.06.26 Thursday

Mammylock ML-325L 美馬精機 マミーロック325Lの異音と糸調子機の調整



ときどき何かが削れるような異音がしていたけど
騙しだまし使っていたとのことで、
糸調子が合わなくなり、ついに糸が絡まなくなったので
修理に出す決心をしたそうです。



ということで美馬精機のマミーロック325Lをお預かりしましたが…
空縫いで動かしてみても異音が再現しないため、
目視で原因を探すことにしました。




ベッド下のカバーを開けて詳細に調べてみると…
カバーの一部に削れた跡がありました。


どうやら異音の原因はここのようです。
下軸のカウンターウエイトがカバーに接触していたようです。
元々、クリアランスが少し厳しかったようで
分解清掃して再度組み付けるときに歪みを調整することにしました。


一方、糸調子の不調の原因は下ルーパーの糸調節ダイヤルに問題がありそうです。
ボディーから出っ張っているのでぶつけたのでしょうか。

ツマミが押されたようで、ネジ山をすべって斜めについているために
糸調子皿を圧迫して調節が効かなくなっています。


糸調子ダイヤルを分解したところです。

原因が判ったので分解清掃と注油に取り掛かりましょう。


クリーニング待ちのパーツ達です。


ネジが沢山です。無造作に置いているようですが、
これでもパーツごとに使用されているネジを
きっちり分けて並べているんですよ〜 ホントです!


変色はしていますが、ゴムの弾力はあるようです。
Vベルトはもう少し使えそうです。
次回のメンテナンスまで働いてもらいましょう。


クリーニング後の注油状態です。まんべんなく油膜ができるように
オイルを回してから余分な油を拭き取ります。


正面カーバーもツマミもクリーニングして
随分キレイになりました。


ゴシゴシ磨いて底板もピカピカです。


キチンと組み上げて縫い確認もバッチリ!
今回も無事完了となりました。



 

 

北九州でロックミシンの修理なら
Powered by
30days Album