ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SINGER Computer Apricot 9700 シンガー アプリコット9700の上糸がつる | main | SEIKO STH-8BL セイコー STH-8BL 1本針総合送り厚物用本縫いミシンの釜止め位置調整とオープナー角度調整 >>
2017.09.10 Sunday

Husqvarna Viking Opal 670 TM670 ハスクバーナ オパール 670 ボタンホールがスゴイ

 

 

 

北ヨーロッパにある巨大な半島…

僕は生まれてこの方、

スカンジナビア半島には
行った記憶がないので
当然、「スウェーデン」にも

行ったことがないハズです…

 

最近では「スカンジナビア半島」ではなく
「スカンディナビア半島」と呼ぶらしく
ウィキペディアをのぞいてみると…
「スカンディナヴィア半島…」と、また長くなっている。
まぁ、時代は変わったと感じる今日この頃。

 

ところで、我々が「スウェーデン」と呼んでいる国、
ココの正式な国名はKonungariket Sverige
(コーヌンガリーケト・スヴェリエ)と言い、
通称はSverige(スヴェリエ)なので
「スウェーデン」という単語とは、かなりと言うか、
相当にかけ離れているような気がするのは…
多分、僕だけかな。

 

私事ですが、人生で一番最初に熱中した本が、
開高健さんの「オーパ!」だけに、
彼の愛用していたスエーデン製の

ABU(アブ)と呼ばれるリールに

憧憬を覚え、多感な少年時代を過ごした僕には
チョイと以上に、この国に興味があり

以前からナニかと気になる国だった訳です…

※ABUとは(AB Urfabriken/ABウルファブリケン社の略)
※現在はアメリカの企業であるPure Fishing
(ピュア・フィッシング)社に買収されてしましたが…

 

閑話休題…

 

話しが大きく逸れたので

もとに戻しますが、

つまり「スウェーデン製」のミシン、

ハスクバーナ ヴァイキングの話しなのです。


結論から言うと…

イロイロと日本的ではない所が

素晴らしい!!

 

商品説明の為、久しぶりに

パーフェクトバランスボタンホールシステムを

使ってみましたが…

 

 

同一方向から縫うことで

バランスの良いきれいな縫い目の

ボタンホールが仕上げられる

このボタンホールは特筆モノかも。

べた褒めに値しますネ〜

 

とにかく押さえがカッコイイ!!

機能も良いけど、見た目も最高!

こんなの日本のメーカーにはないですよね〜

これが欧風テイストなのでしょう。

 

日本製に必ず付いている毎度おなじみの

画一的で無粋な枠タイプの

ボタンホール押さえじゃないのが超ステキ!

 

ここだけですでに満足できますね〜

 

ローレットが付いている押さえ…

寸法を計るためで、布を送る訳ではないけれど

革ミシンを連想させるスタイルも

超カッコイイな〜。

 

勿論、仕上げの美しさは

このハイレベルです。

 

液晶モニターの表示も

ひと味違うカッコ良さがイイですね〜

 

人とは違ったミシンが欲しいひとには

一考の価値ありです。

 

 

 

 

 

ハスクバーナ ミシンのことなら
ミシン修理センター

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album