ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ダイコー フルフィールドクエ 420Mの石突き交換 | main | BROTHER TA1-B18 ブラザー職業用ミシン TA1-B18 上糸調子器のオーバーホール >>
2017.08.26 Saturday

NAOMOTO Q-ing HYS-510 ナオモト キューイング FB-8S HYS-45OPアイロン修理…

 

 


店でボ〜っとしてたら
いつも元気な佐川急便の担当さんが
荷物を届けてくれました。

 


ん? なんじゃこりゃ〜?
何ナニ… 鹿児島県大島郡龍…

鹿児島に大島なんて在ったかしら?

 

----------------------------------

 

ボケた頭の中に
おぼろげな記憶が浮かんで
徐々に輪郭をなしつつ、
不意に鮮やかに色づいて
鮮明になってきました。

 

『碧く美しい海、澄んだ青い空、
 厳しいけど豊穣な風土に育まれた

 人々の優しさ』…

 

思い起こせば、奄美…大島から

アイロン修理のご相談を

受けていたのでした。

 

だいぶ前に… もちろん、お電話で…

 

----------------------------------

 

と、いうことで
電話の内容を思い出しました。


会話中に奄美の青い空を妄想すると…
何となく気分がHighになって
心が虚構をさまよいはじめて…
修理の話しはソッチのけで
奄美の素晴らしい自然について
お話ししていたようナ。

しかも、一方的に…

 

そう言えば…
『お客さまの仕事のスケジュールが空いて、
 気が向いたらいつでも良いので
 勝手に送りつけてくださいネ』って
言ってしまった…ナ。

 

電話を切って暫く余韻に浸って
20分もすると現実に引き戻されて…
あまりに奄美の話しばかりしていたので
あきれて他の店に修理を出したのだろう… と、
反省しつつ… それから時が経ち…
あっという間に忘却…

 

ナオモトのアイロンか…
どんな修理依頼だったけ…
 
----------------------------------

 

と、いうことで
暫く経って荷物が届いて…
鹿児島県大島郡って何処?ッ

と、言う話しに繋がります。

 

ところで、到着した荷物…

段ボール箱を抱えると何かヘン。

抱え込んだ指に

何か突起が当たるナぁ。

覗き込んで見ると

何やら金属のようなモノが…

アイロンの先っぽが
段ボール箱の底を破ってた…

 

ズバリ! このキズです…

 

後でお客さまに聞いたら

「丁度良い感じ斜め下向きに収まったから」とのこと
アイロンを下向きに梱包するのは
底に刺さるので止めた方が良いかも。

 

ということで、

蒸気が下の穴から出ずに

ブローバックして

漏れて指が熱いとのこと。

 

キューイングなので

ポンプも送ってもらい
修理の確認や蒸気の量もついでに
テストすることにしました。

 

中は… まぁ、何かこんな感じです。

ここまでなると、さすがに…

 

チョッと多すぎかな…

 

相当に溜まってます。

 

コリャスゴい…

 

だいぶんキレイになりました。

 

と、言うことで

段ボール箱を突き破ったときに

付いたで在ろう先っぽのキズが

気になるのです… が…

 

組み上げましょう。

 

さて、テストですよー

 

アイロン本体が適温になるまで
しばし、ドキドキドキドキ…

 

と、言うことで結果は上々!

素晴らしい! ブローバックもなく

特に問題もありませんでした…

 

ハイ、完了…と、言いたいところですが、

ストレーナーが折れてる…

 

水タンクの底の吸水パイプに

取り付けられているストレーナーを

固定するOオーリングを付ける部分が

腐食してポッキリ…

 


まぁ、乗りかかった船なので
シリコンのパイプを加工して
フレキシブルジョイントを作って
固定しましょう。

 


多分、純正の状態より性能は良いな〜
と、いうことで一件落着!!

 

このまま、このアイロンを握り締めて
奄美まで釣り道具をかついで
行きたいのだけど…


仕事があるし、無理だよね〜

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

ミシンのことなら
ミシン修理センター

 

 

 

 

 

 

 


 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album