ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< brother nouvelle450 ブラザー職業用ミシン ヌーベル450の異音 修理他その1 | main | Gingher ギンガー社の裁ちバサミを研ぐのは難しい… ミシンはミシン屋… 研ぎは研屋、 裁ちバサミを研ぐなら >>
2016.11.07 Monday

brother nouvelle450 ブラザー職業用ミシン ヌーベル450の異音 修理他その2

 

 

 

 

さて、前回の続きですが…

 

下糸巻き組の交換です。

糸巻き量による自動停止機構は

シヤッター式なので慎重に作業します。

 

ボビンに対して8割程度に押さえて

停止位置をセッティングします。

 

 

さて、今回の最大の難関?!

縫製時の“カチカチ”という異音の原因究明に

取り掛かりましょう。

 

自動糸切装置の電磁石に接続された

パーツのクリアランス不良により

接触して音が出ているのが原因のようです。

 

多少の隙間くらいなら…

粘度の高いグリスを塗布したら

もしかして音が治まるかな?

 

…無理でした。

 

やはり、一度取り外して

クリアランスを調整しつつ

取り付け直すしかないですね〜

 

ハイ、異音は解消しました。

 

これでベッド下の作業は終わりです。

 

お客さまとのメールのやりとりの中で

“サビ” が気になる… とのお話し、

それも含めてクリーニングは慎重にします。

 

 

外装も含めて色ヤケしているパーツや

サビがある部品は全て新品を

取り寄せました。

 

と、いうことで今回は気になるところを

ぜ〜ぶ交換します。

 

新品と比べると

結構、色ヤケしていますね〜

 

写真では判りにくいですが、

意外と変色しています。

 

針板のはね板にあるサビも… 

新品に交換しましょう。

 

かなりキレイになってきました。

 

一通り整備が終わりました。

動作確認に入りましょう。

 

針板の下と送り歯周辺の

整備も完了!

 

試し縫いもKO〜!

糸切りも完璧です。

 

ハイ、作業終了です。

 

運良く先日納品したヌーベル270の
空き箱が有ったのでキチンと梱包することができ、
安心して送り出すことができました。

チャン・チャン…

 

ところで…

よくよく考えてみると…

 

今回のお客さまとはメールでやりとりするだけで
一回も電話でお話ししなかったナぁ…

 

このブログを見て
メールをしてみたとのことでしたが。
それけ信用して頂いているということかな…

 

それでもスムーズに完了できたので…
良しとするか!

 

何か有りましたら
気軽にご相談くださ〜い。

 

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

職業用ミシンを修理するなら

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album