ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 湘南レザーと栃木レザー… 甲乙付け難しの巻き | main | brother TZ1-B651 ブラザー職業用ジグザグミシン TZ1-B651 静岡へ出荷の下巻 >>
2016.06.25 Saturday

brother TZ1-B651 ブラザー職業用ジグザグミシン TZ1-B651 静岡へ出荷の上巻

 

 

 


ある日、男性のお客さまより

電話でのご注文を受けた内容です。

 

明らかに九州方面ではなと思われ

かつ、聞き取りやすい話し方で、

“ヨットに使うカバーを縫ったり

帆の補強などをしたいのですが…”とのお話し。


んで、“ブラザーのTZ1-B652は

在庫がありますか? “とのこと。

 

鋳鉄製職業用のジグザグミシンとは

なかなかお目が高い…

しかも最終型のTZ1-B652ですか。

人気なので… なかなか入手は… 厳しいかな… と、

私の心の声。

 

“申し訳ございません。在庫はありませんし、

稀にしか市場にでないミシンなので
予約対象外なのですが” と、ぶっちゃけて…

 

“一つ前の機種なら在庫していますが…
TZ1-B651なら2台有りますけど”… と、伝えると
“古くても縫えれば問題ないのでそれをください”とのこと。

 

一度、見てみますか? と、言うと…
当方、静岡なもので… のこと。

 

う〜ん、随分と遠いナァ。

とは言え、即断・即決ですか…

中々、潔いご注文ありがとうございます。

 

ということで、このTZ1-B651…

随分、店舗に置いてあったので
動くかどうかチョイと不安でしたが…
何とかイケそうだったので、内心ホッとしました。

 

とにかく、オーバーホールに取り掛かりましょう。

 

TZ1-B651は特にパーツが多いので

何かと手が掛かります。

 

多分、鋳鉄製の職業用ミシンの中で

部品点数はナンバーワンだと思います。

しかもカッチョいいー!

撮影しても絵になり具合が

抜群じゃないでしょうか?

 

パーツの程度が良いので

フェルトが美しいままで残っていますね。

 

ここがTZ1-B651の心臓部とも言える部分です。

フェルトが挿んであるところもミソです!

えっ、ココが? っと思われるかも知れませんが

他のミシンには無い機構が組み込まれています。

 

このB651を語るなら、

やはりココに尽きると思います。

上限・下限を決めやすく中間調整もラクな構造と

調節しやすい大型のツマミで

しかも脱落防止付きダブルナット構造など…

ス・ゴ・イ〜

 

一見、総合送りの上糸調子器のようですが、

より複雑というか、バネ圧を掛けるだけでなく

上軸の回転に合わせて糸調子皿が開閉します。

まぁ、一見の価値があるくらい、

かなりメカニカルな動きをします。

 

上糸のテンションを均一にして、

より糸流れをスムーズにするために
上軸と連動したカムが、
このサブテンションというか…
第二テンションの糸調子皿を開閉させるのです。
※この機構は後継となるTZ1-B652には搭載されておりません。複雑すぎてパーツ代や組み立て費用、メンテナンスなどの問題があったのでしょうかね〜

 

ホンの数ミリの動きですが…

思わず見入ってしまうほど洗練された動き… です。

 

多分、そう思っているのは僕一人かな…
だって、誰も書いてないから…
誰かが書かないとホントに忘れられる…

 

 

まぁ、どうでもよい話しなのですが、
僕はこういう無理矢理に忘れられた技術や
コスト削減に埋もれていった部分に
とても魅力を感じます…
おっさんなので。

 

静岡へ出荷の下巻へと続く…

 

乞うご期待!!

 

 

 

 

TZ1-B652を修理するなら


 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album