ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JANOME Crown Lady 1001 ジャノメ クラウンレディ1001 使用説明の巻き | main | JUKI TL-82 JUKI職業用ミシンTL-82 糸取りバネ交換、下糸巻き不良他 後編の巻き >>
2016.06.11 Saturday

JUKI TL-82 JUKI職業用ミシンTL-82 糸取りバネ交換、下糸巻き不良他 前編の巻き




佐賀県から送られてきた
JUKIの鋳鉄製職業用ミシン TL-82です。


JUKI社の鋳鉄製職業用ミシンとしては
TL-82が最終モデルとなります。

ヘッドのみで送られてきました。


この82… とてもキレイなミシンです。


が…、全体的な程度の良さや美しさに相反して
ベッドの焼け具合というか、ゴリゴリ使い込んだであろう、
ペイントの磨耗具合がベリ―! ベリ―!! スバラシイ…


糸取りバネが折れたとのことで、
相当に使い込んでるハズなのに外装の程度は良好です。
そこを見るだけで、とても大切に使われてきたということが
ヒシヒシと伝わってきます。
県外のショップに整備を依頼すること自体に
この82に対するオーナーさまの
思い入れを感じますね。


キレイなボディーなのですが…
チョイと、気になるのが、
この“JUKI”のロゴに入った2本のキズ…

作業を進めている間も…
チラチラと視界に入るので、
気になって、気になって、
あぁ… 気になって… 眠れない。


日中は仕事でテンパっているので
夜中に時間をつくって
LEDの付きの拡大鏡を使って
キズとにらめっこしながら補修しました。


フフフッ、
少しはキレイになったでしょうか…


次に、下糸巻きの動作不良と
オートリリースのタイミングのズレですが…


下糸巻きのゴムが加水分解して弾力を失い
プーリーとの摩擦で磨耗して痩せています。


下糸巻きの軸が回転するための
充分な摩擦抵抗を得られないために
空回りして下糸が巻けない状態です。


しかも、削れて飛び散った
下糸巻きゴムの微細な破片が…

美しくない…


溶剤で洗い流して、注油して
新品の下糸巻きゴムを装着すれば、はいOK。



内側もキレイにクリーニングしてピカピカ…
美しい状態に戻しました。


あとは巻き終わりのオートリリースの微調整をすれば
下糸巻き周辺は作業終了となります。

と、いうことで今日はココまで、
あとは後編に続きます。



 
職業用ミシンを修理するなら




 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album