ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< brother ScanNCut ブラザー スキャンカット講習 | main | JANOME model 763 ジャノメ763をオーバーホールの巻き >>
2016.05.24 Tuesday

brother Innovis N80 イノヴィス N80 下糸巻きゴムの交換他の巻き




小型のコンピュータミシンなのですが、
このイノヴィス N80、中々どうして
タッチパネル液晶ディスプレイやLEDライトを搭載した
ハイテクモデルです。


下糸巻きが巻けないと言う
この時期に生産されたモデルに特有の症状というか、
お約束のような修理でお預かりしました。




さて、作業にとりかかりましょうかネ。


エイ! ヤッ!と分解です。


下糸巻きの軸に糸が巻き付いています。
まずはこれを除去しましょう。


下糸巻きのゴムが液化して、
溶けた状態で飛び散っています。

今回は下糸巻き機構を外さずに溶けて
コビリ付いた下糸巻きゴムの除去と
新しいゴムを取り付けます。
ピンセットで丁寧に取り除き
拭き上げていきます。


キレイになりました。 そして…


下糸巻き組を外さずに組付けるのは、
チョッピりコツがいる作業です。


分解したので一通り点検していると
針棒クランクにも糸の巻込みを発見。
これも取り除いておきましょう。

刺しゅう機能を搭載して40種のクラフト模様
と英数2書体、ひらがなカタカナ2書体を内蔵しており
刺しゅうカードスロットまで装備の充実ぶりですが…
搭載されている糸カセット方式も
糸を掛けて挿入するだけのワンタッチの操作で、
針穴まで糸が通る! と、画期的なのですが…

7kg程と軽量でコンパクトなボディーは
持運びも便利なのですが…

プラスチックのモノコックフレームなので
如何せん負荷が掛かるとネジレてしまいます。
ふところを短くして極力歪まないように
設計したようですが構造上、歪みが大きく
犠牲にしたふところの狭さは実用縫いでも
刺しゅうでも使い勝手に疑問が残るところでしょう。


など、うだうだと考えつつ
今日の作業も無事に完了です。


 


 

北九州でイノヴィスのミシンを修理するなら
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album