ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< JANOME model 385 for school ジャノメ 385 水平釜直線専用ミシンの整備 畳と飯ごうの巻き | main | JANOME COSTURA 767DB 返し縫い不良、電源コードと三ツ穴付き第一テンションの交換の巻き >>
2016.02.21 Sunday

brother DB2-B755-3 ブラザー 工業用1本針本縫いミシンの釜に糸が噛んだの巻き




ブラザーのDB2-B755-3は本縫いの工業用ミシンです。
このB755は300wのクラッチモーター仕様で
かなり使い込まれてはいますが、
まだ充分に使えそうですね。


お電話で“やってしまった… 釜に糸を噛ませちまった” とのこと。
お客さまは男性テイラーの方なのですが、
自宅でスーツの補正をしているとのこと。
断糸した拍子に糸先が釜に触れたようで
そのまま巻込んで釜に糸が
ガッチリ噛んでいるとのこと…

本音を言うと、DB2-B755-3は非常に重たいので
何とか持ち帰らずに整備を完了したい…
ところなのですが。

電話で聞いた“ガッチり”というのが
気になるところではあります。

現場で糸噛みを解除できない場合は
本体から大釜のみを取り外し、
一旦、持ち帰って…
糸噛みを解除して、
また持ってきて組み付けて
剣先との出会い調整をして…

あぁ、手間が掛かるなぁ。

と、言うことでドキドキしながら
お伺いして実機を拝見して
針板を外してみると…

美しくない。


釜周辺というか、針板の下が
ホコリだらけです。
どうやら、断糸を噛んだ訳ではなく
飛び散ったホコリの塊を
噛んでしまったようです。

何とか動かそうとして
ご自身でミシンオイルを差したようで
ホコリが油を吸ってしまい
あまり良くない状態です。

とにかく、クリーニングをして
溶剤で流したあと微量を給油して
上軸にトルクを掛けてグッと、
回してみると… 意外にすんなりと
釜の噛みを解除することができました。

日頃の行いでしょうか…

持ち帰らずに作業が完了したので
正直ホッとしました。


“釜周りはいつもキレイに掃除しといてください。
また噛んでしまいますよ〜” と、お客さまに言うと
“よく解らないから触りたくないなぁ”とのこと…

“釜周りのクリーニングだけでもしますので
たまに呼んで下さいネ”と、お伝えして
ご自宅を後にしました。

整備も無事に完了して
ヘッドを持ち帰らずに済んだので
気分は上々、何か良いことありそうですネ。

チャン・チャン!







北九州で工業用ミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 

 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村



 

 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album