ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< brother TA2-B623 Special3 ブラザー職業用ミシンのメンテナンス | main | JANOME Hyper Craft900 ハイパークラフト900のデモ機がやってきました!! >>
2013.03.25 Monday

brother COMPAL-αII ブラザー コンパルアルファーIIのセンサー交換

操作すると「青いレバーを上げてください」とのアナウンスが流れて
ボタンを押しても動かないミシンは直りますか?と、電話でのご相談がありました。

5年ほど前にこの症状がでてからずっと押し入れに入れっぱなしとのことでした。
待望のお孫さんができたのでミシンが直れば何かと役に立つと思い
問い合わせしてみたとのことです。

電話でのヒヤリングでボタンホールのセンサー不良ということは解りましたが、
その他の不具合はセンサーを交換してから試し縫いをしてみないと
確認できないとの旨を伝えてお伺いの日取りを決めました。

押し入れに入れていたためなのか模様選択パネル内に水滴のようなものが付いており
クリーニングするためには前面パネルを外す必要がありそうです。

前面パネルを外し機械式の模様選択部分を取り外してクリーニングしてきます。

クリーニング後です。

ボタンホールのセンサーは内向きにハンダで接続されているので
フレームとの間が狭く作業しにくいので少々厄介ですが
故障箇所が判明しているので少し気楽です。

壊れたセンサーを新品に交換し、とりあえず第一段階が完了しました。
あとは模様などを実際に縫いながら基盤のチェックです。
パネルの左から順に試し縫いをしてみますが、
振り幅により若干の引っ掛かりがあるものの
順調に描画していくので基盤は大丈夫のようで安心しました。


外装の仕上げ前に上軸受けから順にオイルを回していき、
下軸まで回してオイルが行き渡ったのを確認、
正常に動作するか再度確認して磨きにかかりました。

コンパル-αIIはブラザー社から1984年に発売されたコンピュータミシンです。
前身は電子式ミシンの電子コンパルエースでコンピュータが搭載されて
コンパル-αシリーズとなりました。
発売価格は218,000円とかなり高めですが、それに見合った機能満載の機種といえるでしょう。





北九州でミシンの修理をするなら

コメント
ブラザーのまさにこのミシン、コンパルα
同じような壊れ具合なのですが、修理できますか?
  • 廣田公子
  • 2019.08.27 Tuesday 15:24
コメントする








 
Powered by
30days Album