ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HAPPO DI-4C 八方ミシンDI-4C のボビンケース | main | brother COMPAL-αII ブラザー コンパル アルファーIIのパーツ交換他 >>
2015.12.04 Friday

brother MIMOLLET-L ブラザー ミモレ Lの上糸送り器への糸ガラミ




縫い目がキレイではないということで
お預かりしたミモレ Lなのですが、試し縫いしてみると…
下糸が明らかにつっており確かに美しくないデスネ。


上糸の引き上げが弱いか、下糸がキツすぎるのか…
上糸は自動糸調子というか、自動送り機構なので、
まずは下糸をチェックするためにボビンケースを確認してみると
ゴミ詰まりは無し、板バネの圧も… まぁ、許容範囲内かな。


嫌な予感が… しつつも、上糸調子を確認してみることに。
押さえを降ろしてユルユルと上糸を引っ張ってみると…
引きだしたときの抵抗にやたら軽いし…
何かムラがある感じです。


まぁ、上糸に問題が… あるようですネ。
カバーを外してみると予想通りギヤの間から端糸が見えています。
断糸をピンセットで摘んでゆっくりと引っ張ってみると
なんとか途中までひき抜けたのですが、
途中でビクともしなくなりました。


…バラしましょうかネ。
ローラー組を外して、その下のギヤを外すと…
ハイ、ココですね。ガチガチに巻き込んでいます。
外した後は、バラした逆の手順で組めばOKです。


なんか、仕事が込み合ってきました…
後は通常点検だけなので、巻いていきましょう!


内釜を外すとこんな感じでした。
布ホコリというより砂のようなジャリジャリしています。
使用した素材の特性でしょうかネ。
なんにせよ、かなり使い込んでいますね。


キレイになって給油も完璧です。


ハイ、完了です。

 



 

刺しゅうミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 
 
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村



 


 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album