ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< baby lock BL25 ジューキ ベビーロック 糸取物語 BL25のオーバーホール | main | SINGER Computer Apricot 9700 シンガー アプリコット コンピュータ9700のメンテナンス >>
2014.03.13 Thursday

RICCAR HA1 リッカーHA1 家庭用足ふみミシンの修理

ポータブル改造したリッカー社の家庭用足ふみミシンを
オーバーホールでお預かりしました。

戦後からスタートしたミシン製造メーカーなのですが、
国内のトップシェアを獲得したこともある
素晴らしいメーカーでした。

ご存知の方も多いと思いますが
リッカーマイティーというミリオンセラーを
世に生み出した同社の“電子のお針箱”というキャッチコピーを
懐かしいなぁ〜 と、感じる方も多いと思います。


独り言はこれくらいにして作業に取り掛かります。
まずはバラしたところです。




やはり、かなりの汚れが蓄積されていました。




針棒などの縦軸を抜いたところです。


パーツごとに分けてからキレイに磨きます。


ボディーを磨きます。




メッキが剥離した部分の腐食が目立ちますが、
それも時代の雰囲気ということで
ステイタスとして楽しむことのできるミシンですネ。


ボディーが終わったら磨いた各パーツを組み付けていきます。


ベッドの中央でひときわ存在感を放つ“R”のロゴタイプ。


ピラーの基部では金色のエンブレムが輝きを取り戻しました。



本当にキレイになりました。
まるで美しく生まれ変わったようですネ。

カバー付きのハッピー社製モーターが掛けられており
金属製のフットコントローラーを踏み込むと
うなるような低いモーター音で身震いしつつ、
時を刻むように緻密で正確なリズムを刻み始めました。
 



北九州で足ふみミシンを修理をするなら

ブラザー黒崎


 






 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album