ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ボビンをボービンケースへ入れる方法 | main | JUKI SPUR 90S ジューキ シュプール90Sの本体ジャック受け部分のカスタム修理 >>
2013.12.28 Saturday

半回転ミシンの下糸の引き上げ方法

半回転ミシンでは縫い始める前に上糸を使って
下糸を引き上げる必要があります。

下糸を巻いたボビンをボビンケースに入れて
釜にセットした後、上糸を使って
下糸を針板の穴から引け上げます。

今回はその手順です。


上糸を掛けて、ボビンを入れたボビンケースを
釜にセットします。


上糸をたるませ気味にして糸の端を軽くつまんで
プーリーを正転(手前)にゆっくり回します。

※写真では右手で糸の端を持っていますが、
左手で糸の端を持ち右手でプーリーを回します。


糸の端を軽くつまんだままプーリーを回すと
針が針穴に入っていきます。



そのままプーリーを回していくと、今度は針が上がってきます。



写真のように針を上げた状態で
つまんでいる上糸を軽く引っ張ると
下糸がスルスルと引き上がってきます。

※何度も針を上下させると釜の中で糸が絡んでしまうので
一度で糸が引き上げられなかった場合は
ボビンケースのセットと針穴に通した上糸の方向を確認して
始めからやってみましょう。



一旦、上糸と下糸の両方を持ち
下糸が確実に引き上がったことを確認します。


押さえを上げて布押さえの真ん中のスリットに
上下の糸を通して2本の糸を後ろにもっていきます。


布を挟んで布押さえを下ろせば完了で
そのままコントローラーを踏めば縫うことができます。
※布押さえは確実に下げてください。
布押さえが下がっていない状態でミシンをかけると
布が送れず同じ場所に何度も針落ちしてしまうため
糸や布が食い込む可能性があります。

 

 
北九州でミシンの修理をするなら
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album