ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MITSUBISHI HA1 三菱 HA1のオーバーホール | main | SINGER 191U シンガー191Uでの下糸の巻き方 >>
2013.12.25 Wednesday

SINGER 191U シンガー191Uでの上糸の掛け方

 

 

 

今回はシンガー191Uの上糸の掛け方です。

まずは背面に付いている

布押さえレバーを上げて布押さえを上げます。
これは、上糸調節器の皿を開くためです。

詳しくは後ほど説明しましょう。





布押さえが上がった状態です。
機構上、この状態になると上糸調節器の皿が開きます。
これにより調節器の奥までしっかり

糸を入れることができます。


※布押さえが上がった状態で

ミシンを逆転させないでください。

釜に糸が食い込み動かなくなります。


さて、ここからが本番です。

糸立て棒に糸を立てます。
右巻きでも左巻きでも特に問題はありません。


次に最初の糸案内に糸を掛けます。


1. 上糸調節器の皿と皿の間にしっかりと糸を掛けます。
2. 次に糸取りバネに糸を掛けます。
3. 糸案内に掛けて
4. リンク天秤の穴に糸を通します。
5. 面板の上部糸案内に糸を通します。


6. 面板の下部糸案内に糸を通します。


ここまでの全体イメージです。

A. 面板の下部糸案内から針抱きに移ります。

B. 針抱きの糸ガイドに通します。
C. 針穴に糸を通します。ミシンを正面に左手側から右に通します。

これで上糸掛は完了です。

次は下糸の巻き方を掲載する予定です。


 
 

北九州でミシンの修理をするなら
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album