ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.10.01 Thursday

brother Homelock TE4-B503 ブラザー ホームロック TE4-B504の布押さえレバー製作ほか



 

ホームロック TE4-B503なのですが

糸調子がとれないとのことで

お預かりしました。

糸調子器を分解清掃して

本体もクリーニングしてオイルを

タップリと回して、


ハイ、完了!の、

ハズだったのですが…

クリーニングのときに

やたらとヒビが多い布押さえの上下レバーなぁ… と、

思っていたのですが、完全にダメな状態でした。

この布押さえの上下レバーは

通称“バビット”と呼ばれる

錫合金製だと思われます。

とにかく表面に細かいヒビが入っており、

固定用のビスの部分は締め付けトルクの為か

ボロボロに崩れている状態です。

急遽、製作することになりました。

ベースに選んだのは
ご存知、JUKI社のシュプール用の返し縫いレバーです。

こちらは粘りの多いプラスチック製なので強度もあり、

キチンと加工すれば、

長期間の使用に耐えられそうです。


加工の手順は塩ビ切断用のノコで
余分を切断して再形成し
固定部分を調整すれば完了です。




ハイ、この通り
チョッピり白いけど、イイ感じでしょ?


 


 

北九州で腕ミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 
 
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村



 


 

2015.08.23 Sunday

baby lock BL34 ジューキ 衣縫人 BL34の自動針糸通しの調整と固着の解除



 

糸通しが壊れたので
糸を通すのがめんどくさくて
使わなかったら

動かなくなった… とのことで
お預かりした衣縫人のBL34です。


解る気がします…


 

試しに軽くプーリーを回そうとしましたが、

まぁ、確かにプーリーが動かないですね。
典型的な下軸シャフトに連結された
クランクの固着症状でしょうか。

無理矢理動かすと下軸シャフトと
プーリーのハメコミ部分に
ガタが出るので一先ずそっとしておいて
後で分解しましょう。


 

針棒スライダーの動きがシブイく

糸通しフックがスライダーのシャフトに対して
途中からギクシャクとブレながら動きます。

この動きで誤作動したのかな…


自動針糸通しのフックに

若干の歪みがあるので

針に糸が通らないのですが、

内部の極小ワイヤーを調整するのに

チョッとしたコツが要ります。


と、いうか失敗すると

極小ワイヤーが折れて交換しないとダメになります。

挑戦してみる人は慎重に作業してください。

※メーカーさんは無条件で

新品部品への交換を
推奨しているようですが…


無事に調整完了です。

ついでに針棒スライダーもグリスアップして

動きも滑らか、一発で糸通しが

できるようになりました。


外装パーツも
クリーニングしていきます。


色ヤケこそありますが
大きなキズもなく
イイ感じにキレイです。




やはりクランク部の固着のようで

少し手間取りましたが
軽く動くようになりました。


外装パーツを磨き上げて

組み付ければ… ハイ、完了です。


 

北九州でロックミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 



 

2015.08.15 Saturday

baby lock BL33 ジューキ 衣縫人 BL33のオーバーホール




お持ち込みいただいたBL33で

ほんのり色ヤケこそありますが、
キズも少なく結構キレイです。が…


お持ち込みいただいたご夫人も
かなりキレイな方なのですが…。


“ぜんぜんロックできるけど
随分使ったから、そろそろ
オーバーホールしとこっかな〜”とのこと。

壊れていないのにオーバーホール?

今どき随分、豪儀な話しだと

思ったのですが…


コレを見て納得しました。

ココ数ヶ月でNo.1の美しさです。
 

底板を外しても

………点……… と、
言った感じでしょうか。

かなりの酷使状態です。


とにかく、ルーパー付近に

大量に詰まった布ボコリを全て除去して
古くなったオイルや汚れを
ほぼ落としたのですが…

上ルーパーのサビがチョッとありますね。
 

ホコリがオイルを吸ってしまった為でしょうか。

この程度なら縫製に支障はないのですが、
後でチョッと磨いときましょう。
 

オイルは最少でグリスも少なめにして

内部もクリーニング&メンテナンスが完了です。


ルーパーも磨いたので

ピカピカになりました。


だいたいの勘で組み上げて

一発目でこの縫製です。

さすが、日本製。頭が下がります。

間違いなく他社とはレベルが違いますね。


クリーニングした後に
調整して糸調整ダイヤルの圧力を

全て4で揃うように仕上げましました。


上ルーパーのローラーアームのガタが
チョッピり気になったのですが、
ギリギリ許容範囲かな…
今は交換するほどのことは無い… かな〜ぁ。


目飛びし始めたり、異音がなりだしたら
直ぐ交換しますから〜 との旨をお伝えして
今回の作業もキレイに終了と相成りました。


 

 

北九州でロックミシンを修理するなら
2015.06.27 Saturday

JUKI Collection MO-333 JUKI コレクションMO-333の動作確認と使用説明



 

他店で購入したのですが、

説明もあやふやだったので
使い方がよく分らないままになってしまい
まったく使っていないとのことです。



確かに外装は美しい… です。

このままではどうしょうもないので
縫えるかどうかのチェックも兼ねて

動作確認後に使用説明を

お願いできないでしょうか?とのご依頼を

お引き受けしました。


まぁ、使用していないとのことなので

当然、内部もキレイですよね〜

ブローでホコリを飛ばしてから

細部はピンセットでクリーニングすれば

新品同様です。

手回しで動作確認をしつつ、

可動部に滴油していきます。

ピカピカです。


白い生地に白い糸… 当然ですが、
写真だと見にくいですよね。

糸調子も正常で

メスの切れもバツグンですので

大丈夫ですよ〜

しっかり縫えます。

 

あとは使用説明だけです。

でも、使用説明って結構、重要ですよね〜。


私たちは職業柄、
当然として使えるけど…

自分が使いこなせるのと同じくらい、
お客さまに解り易く説明する
スキルが求められますよね〜。



 

北九州でロックミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 

 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村



 


 

2015.05.23 Saturday

brother Homelock TE4-B503 ブラザー ホームロック TE4-B503のオーバーホール




縫い目が思い通りにならないとのことで

お預かりしたのですが…



正直、久方ぶりに拝見しました。

ホームロックの4本です。
通常の家庭用ミシンは60W前後ですから、
80Wの出力はスゴイ…


ど〜ん! 超重量級です。

本当に! かなり重いです。

そして困ったことに

調整もかなり難度が高いです… マジで。


オーっ… かなり美しくない。


ネジが多い…


糸調子器が多い…
まぁ、4本ですから当然ですね〜

実はこの糸調子器ですが
四つともバネ圧が全部違います。
組間違わないように注意がいります。 


ところで、一番下の糸調子器に

糸取りバネが付いていませが

これで正常です。


と、いうことで調整終了。
併せてキレイになりました。


ベルトがユ〜ル〜ユルです。
ここも調整ですね。


本体の整備はほぼ完了です。
あとはパーツを組み付けて
トータルに調整していきます。


最後に試し縫いです。

スパンの糸もウーリーも

共に美しくイケてる感じですね〜。


 

北九州でロックミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 



 

2015.05.15 Friday

baby lock BL66 ジューキ ベビーロック 糸取物語 BL66の部品待ち…



別にサボっている訳では無いのですが…
部品待ちの糸取物語 BL66です。

 

修理に持ち込まれて交換部品を

メーカーに依頼しているのですがなかなか届きません。


ボチボチ作業でも進めておけば

そのうち届くかな〜 と、思いつつ

交換パーツを外して…


汚れを落として

クリーニングを済ませて…


調整をして…
珍しく自動糸調子器に糸クズが
詰まっていました。
断糸の巻き込みでしょうか?
これでは糸調子が合わないですよね。




と、まぁ 手すきの時間を利用して

作業をつづけていくとこんな感じに…

パーツさえ届けば作業を完了できるのに

手元に無いモノは仕方がないのですが

あぁ 待ち遠しいです。


 

 

北九州でロックミシンを修理するなら
2015.05.12 Tuesday

baby lock BL2-203 ジューキ ベビーロック BL2-203の出荷前最終確認



 

中古のロックミシンですが、
ベビーロック BL2-203のご購入が決まりました。

ご来店で試し縫いをされて
スグに気に入っていただけたようです。




この通り外装も内部もかなりキレイな状態です。



すでに一度、オーバーホールをしているので

今回はオイル回しと動作確認のみの
最終確認となります。
 

複写となりますが、
もちろん取扱説明書もご用意しています。


完全にオイルが回ったようなので

余分なオイルが落ちるまでしばらく作業は中断です。

後は、残ったオイルを軽く拭き取り、外装を組み付けて

縫い目を確認してOKならば、
お客さま宅にお届けとなります。


 


 

北九州でbaby lockを修理するなら
2015.05.06 Wednesday

baby lock 2THREAD BL2-238 ジューキ ベビーロック2本糸 BL2-238のダイヤルテンションリングの交換





ベビーロックのBL2-238をオーバーホールでお預かりしました。

一通り作業を完了して試し縫い時に気が付いたのですが

針糸のテンションダイヤルを調整しても目盛りが動いていません。



テンションリングが伸びて空回りしているのか、

リング自体が切れてしまっているようです。

どちらにせよダイヤルのテンションリングを

交換する必要があります。


再度、本体から正面カバーを外して作業に掛かります。



内側のシートをめくってみると…
やっぱり。

完全にテンションリングが切れています。
これでは動きませんよね。


新品に入れ替えましょう。

このパーツも在庫限りでしょうか…


ルーパー側のテンションリングも硬化のため

ヒビが多数入っています。

やっぱりこちらも交換しておきましょう。

交換自体は簡単なので速やかに交換して
今回の作業も完了です。


 

北九州でロックミシンを修理するなら
2015.04.23 Thursday

Mammylock ML-332 美馬精機 マミーロック ML-332のメス研磨と糸調子器の調整




マミーロック 332のオーバーホールの依頼です。

最近、ロックミシンの整備依頼が

少し増えてきたような気がします。



ロックミシンを自店で整備できるミシン店が

徐々に少なくなってきたようですね。

現在はロックミシン製造から退いてしまった

美馬精機のマミーロックです。


当時はベビロックと二分する程の

人気を誇りましたが

鈴木製作所の圧倒的な開発力を前に

その力と影は徐々に薄れていったようです。



結構使用したけど、
掃除はこまめにしていたとのこと…

底板もあまり美しくない状態ですが、

この汚れ方ならキレイになるでしょう。


 


クランクから横軸への伝達にピロボールを採用しています。

小さな容量でより自由度が高く大きな力の伝達を

可能とする軸受方式です。

クランクロット方式より遥かにコストが掛かります。

スペアの刃は使用済みだったので

程度の良い方を研ぎ上げて
再使用することにしました。

う〜ん、完璧。



目盛りの入ったダイヤルカバーを外し
軸を直接回しつつ、試し縫いを繰り返しながら
糸調子を合わせていきます。



バネ圧を調整して糸調節ダイヤルの6から3の

目盛りの間にくるようにセットし
ダイヤルカバーを付け直します。


切れ具合も上々で縫い目のの調節幅も

初期状態に近くかなりイイ線です。


ライトのON/OFスイッチの台座が

加水分解のため欠け始めていますが、

なかなかどうして、まだまだ美しい縫い目と

すばらしいボディーコンディションと言えるでしょう。


 

北九州でロックミシンを修理するなら

ブラザー黒崎


 

2015.03.17 Tuesday

baby lock BL55EXS & BL35 ジューキ ベビーロック 衣縫人 BL55EXS & BL35の点検・整備




本日は5台のロックミシンの点検・整備にお伺いしました。

個人的にBL55EXSをジックリと観察したい気分なのですが…


パーツの材質や縫い目の長さ、

メスと針の距離や焼きつき防止の構造変更など

マイナーチェンジの度に、いよいよ究極へと進化していく感のある

BL55シリーズですが…

BL55のEXSってあまり見かけないですよね〜
気のせいかな…


糸目を自分の好みに合わせて
シビアにコントロールしたい方は

やっぱりダイヤル搭載の『衣縫人シリーズ』なのでしょう。

とは言え、主流はやはり自動糸調子の

『糸取物語』かも知れませんね。




三本糸のBL35もなかなか優等生ですよ〜
 





北九州でロックミシンを修理するなら

Powered by
30days Album